全国弁論大会を終えて。

1★大会関係者スタッフの皆様、付き添いの先生方、そして、出場された皆様へ★
先日は、皆様には、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

特に主管校の大阪府立盲学校の皆様には、本当に心温まるおもてなしに、一生
忘れられない感動を頂きました。
前夜祭での食卓に置かれてあった点字で作ってくださった“ようこそ、大阪へ”の
カードが嬉しくてたまりません。思い出として大切にします。

そして、全国から遠い所を、大阪という土地に集まり、出逢えた貴重な時間…。
会場の皆さんに、自分の話を聞いて頂くという同じ目的で、同じ障害を持つ者同士、
形はちがっても、同じように苦しみ、同じように乗り越えて行こうとしている者同
士が、当日、出逢えた事に、とても感動し感謝しています。

前夜祭での、楽しい時間、大会当日の緊張した思い出、そして、スピーチが終わり、
手を握り合って喜び、励ましあったことが、深く熱く、心に刻み込まれました。
本当にいい出逢いができた事に喜んでいます。ありがとうございました。
お互いどんな顔をしているかは分かりませんが、心はひとつに繋がったと思います。

是非この出逢いを大切にし、75回のメンバーとして、これからの人生の支えあう仲
間として、お付き合いできたらなと、思っています。
今後ともよろしくお願い致します。大阪へ来られる時にはご連絡ください。
また、お逢い出来る日を楽しみにしています。どうぞ皆さんお元気で。
大阪市立盲学校 西亀 真


2★この大会を、いろいろな形で、支えてくださった皆様へ★
昨年、盲学校に入学する前、点字を読む練習のために紹介して頂いた一冊の本。
それが盲学校弁論大会の本でした。
この本を点字で読みながら感動し、勇気付けられ、また、こういう大会がある事を
知りました。

私も盲学校で2年生となり、余裕も少し出来たいま、以前私が、経験した事、他の
人に支えて頂いた事など、聴いてくださる人の中で、一人でも心に感じてくださる
人が居ればと、出場致しました。
少しでもわかりやすく聴いて頂くためには、どのようにすればよいか、沢山の人に、
ご指導頂き練習を致しました。

そして今回、準優勝という身に余る賞を頂きとても嬉しく、また今日まで応援して
くださった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。

中途失明と言う事で、失う事も、沢山ありましたが、今回、貴重な体験をさして頂
き、新しい感動が生まれ、失った物を越えたように感じます。
いろいろな形での励ましや、応援をしてくださった、全ての皆様、本当にありがと
うございました。
2006.10.22.