このはがきの書と印は、
私が目が見えていた頃、楽梵(らくぼん)という雅号で趣味で始めた
篆刻印と好きな言葉を書でしたためた作品です。
この作品は2001年秋、初の個展を開催した時の代表作で、
私の生きがいのテーマでもあります。個展の“ほのぼの楽印展”の模様は、
■篆刻家 楽梵」にアップしてありますので、ぜひご覧ください。

※画像説明:この画像は、「決して決して あきらめないで あなたの夢を」 という言葉と私が彫った文字、「明日を信じて」と 「応援してる」の判子が 押してあります。言葉の最後に、楽梵(らくぼん)という落款が 押してあります。